Caravaggio Read Table

 

LINEで送る
Pocket

Caravaggio Read Table

via:Caravaggio Read Table- LIGHT YEARS

 

言わずと知れたCecilie Manz(セシリエ・マンツ)の名作ランプ、LIGHT  YEARS(ライトイヤーズ)のCaravaggio(カラヴァッジオ)に、新しく素敵なバリエーションが追加されました。

 

スポンサーリンク

Caravaggio Read Table

よく見るとシェードのネック部分がグニグニ曲がりそうで柔らかそう。どうやら、こちらのモデルにはフレキシブルネックを採用しており、自由に向きを変えることが可能。つまり、固定タイプのテーブルランプを思わずヴィジェアルながら、光を必要とする方向へシェードの向きを可動させることが出来る仕様になっています。

この機能性こそ、こちらのランプの持つデザインの美しさでしょうか。

工業的なボリュームを持つベース部分も、お馴染みのシェードとのバランスもいいですね。また、ベース部分も260度回転し、さらにフレキシブに光を届ける範囲を広げています。

 

スイッチはリング状のアーム部分

初めからアームの出っ張りが気になっていたのですが、このアームにあるリング状のものがスイッチになっているようです。

タッチ式なので、軽く指で触れるとON・OFFと切り替えができ、3段階の調光にも対応。ちなみに、カラー展開は4色。

 

コージーなランプ

言うなれば、まさにコージーですね。

シェード上部からも、光が上に届くように設計されているので、コーナーランプやベッドサイドで使っても雰囲気出そう。

特に、Caravaggioは日本でも大変な人気を獲得しているペンダントランプの一つで、多くの商業施設やカフェ、家庭のダイニングを照らしていますよね。

 

こちらの記事でも書いていますが、ACTUS(アクタス)のプレゼントにも、セシリエ・マンツの新作チェアのMOKUとともに、ラインナップされています。

 

もしやと思ったらフロアランプも

テーブルランプと合わせてフロアランプも、バリエーションに追加されていました。

こちらは、より親密な光を届けられるように、通常のフロアランプよりも高さが低く設定されているようです。

Caravaggio Read Floor

via:Caravaggio Read Floor- LIGHT YEARS

 

初見のイメージは、和室にすごく似合いそう。

ソファとの組み合わせも良いけど、畳とか日本の食器とかとコーディネートしたら楽しいだろうな。

日本のインテリアにも溶け込むナイスなデザインなので、コーディネートやスタイリングの幅がぐっと広がるデザインランプですね。

発売は2016年の8月頃。

 

LIGHT  YEARS
http://www.lightyears.dk/

 - インテリア
 -


Copyright© キクミミミルメ , 2019 All Rights Reserved.