蕎麦猪口大事典

 

LINEで送る
Pocket

SOBA CHOCO

via:AOYAMA CERAMICS MARKET - コトモノミチ at TOKYO

 

以前、紹介しました青山陶器市に続きギフトショップ、コトモノミチ at TOKYOで、蕎麦猪口(そばちょこ)を100種類以上も集めた蕎麦猪口大辞典が本日より開催されています。日本、職人、器、カルチャー、ボタニカル、デザイン、具体的には波佐見焼・有田焼。このあたりのワードに引っかかったなら、ソバにチョコへゴー。

 

 

スポンサーリンク

蕎麦猪口大事典

これからの時期にぴったり!蕎麦猪口を100種類以上集めたイベント「蕎麦猪口大事典(そばちょこだいじてん)」を開催します。蕎麦猪口は、元々は「猪口(ちょこ)」ち呼ばれ、つゆ入れはもちろん、小鉢や酒、お茶を飲むカップなど多用途に使えるフリーカップとして、江戸時代に最も多く作られ、今でも日本全国で幅広く使用されています。今回、400年もの歴史を持つ波佐見焼・有田焼のさまざまな技法を用いて作られた蕎麦猪口をご覧になって、新たな楽しさや組み合わせのおもしろさを見つけてみませんか?例えば前菜の小鉢やキャンドルホルダー、グリーンを入れてプランターとしてなど。いろいろな蕎麦猪口の可能性を発見できるかもしれません。思わず集めたくなるバラエティー豊かなデザインと、確かな技術をもって生み出された蕎麦猪口をぜひお手にとってお楽しみください。 by coto mono michi at TOKYO

 

「蕎麦猪口大事典」

<開催概要>

「蕎麦猪口大事典」

会期:2016年7月7日(木) ~ 7月19日(火)(※水曜日定休) 11:00~20:00(※最終日は17:00 CLOSE)
会場:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
http://note.coto-mono-michi.jp/exhibition-sobachoco/

 

 

馬場商店(有限会社マルヒロ)さんによる出店協力

CEMENT PRODUCE DESIGN(セメントプロデュースデザイン)さんにのプロデュースによるcoto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)と、長崎の馬場商店(有限会社 マルヒロ)さんによる豪華イベントとなっています。

馬場商店さんと言えば代表的なもので、


400年以上の歴史がある焼き物「波佐見焼」のHASAMI ブロックマグなどがあります。

 


ハーマンミラーを始め、多くの企業やプロダクトでタイポグラフィーで世界を股にかけるHouse Industries(ハウスインダストリー)とのコラボを始め・・・

 


雑誌やCD、WEBなどのイラストを手掛ける、イラストレーターのSHUNTARO TAKEUCHI(竹内俊太郎)さんとのコラボや・・・
(ちなみにモチーフは、60年代のロックの神様とヒッピーカルチャーの象徴、踊れる死のクマ。Grateful Dead(グレイトフル・デッド!)

 


身近なもの、Kalita(カリタ)のドリッパーにもなっていたりします。

 


そして、忘れちゃいけない蕎麦猪口。こんなに発色豊かな逸品に。

 

 

あらゆる用途とギフトにオススメな蕎麦猪口

手のひらサイズで、絵柄や色をクルクル眺めながらでも十分楽しめるんですけれど、食器としてはもちろん、小物入れにも。

プレスリリースにもあるように、多肉やエアプランツを合わせてプランター使いが楽しいかも。

植物好きなでインテリアや雑貨が好きな方なら分かってくれると思いますが、気軽に増やせれるプライス設定と、省スペースってすごく大事。

そして、何よりデザインとクオリティが間違いない秀逸さは本当にオススメします。

100種類以上の絵柄なら、オリエンタルにもモダンにも。カジュアルにも集めて眺めて使って楽しめて、贈って嬉しい。

そんな、想像力が誘発してしまいそうな"Made in HASAMI"なイベントです。

 

 

 - アート, インテリア, デザイン, ライフスタイル
 -


Copyright© キクミミミルメ , 2019 All Rights Reserved.